本文へ


after

施工例

サンプル画像
 トヨタのヴェロッサですがライトレンズ全体に黄ばみが出て、夜間走行時にライトが暗いと言われておりました。

 表側だけが黄ばみで汚れており、内側は非常に綺麗な状態だったので施工することでほぼ新車時の状態に戻ると予測し施工いたしました。



サンプル画像

 
 約、10分で両側の施工が完了しました。
 新車の様な輝きを取り戻しました。
 後日、夜のドライブも明るくなり楽になりましたとご報告頂きました。
 良かったですね!





ホンダステップワゴン

サンプル画像

 今度はホンダステップワゴンです。
 このお車も、ホンダ車に多い黄ばみのみならずライトレンズ表面のクリア剥がれがありました。ロービーム側だけでしたのでクリア剥がれの部分だけのペーパー加工を実施します。
 部分ペーパーなのでハイビーム側のクリアコートはそのままな温存しますのでレンズにも優しい?ですね。
 最終的に2000番のペーパーで両方のレンズを仕上げコンパウンドで磨きました。時間的にはここまで20分位。
 この後、コーティングを掛けていきます。







サンプル画像 処理が終わりました。
 時間にして、両側のライトをペーパー加工しても30分足らずでした。
 ペーパー傷も綺麗に消えて、新車様の輝きを取り戻しました。
 見た目にはペーパー加工したのがわかりません。
 お客様も喜んでいただき、大変嬉しいです。
 後日、お客様よりお話を伺いましたが、以前は黄ばみ除去の為、コンパウンド加工をしたとか・・・でまたすぐ黄ばんでしまったとのことでした。








日産シーマ

サンプル画像今度のお車はチョー強敵です。なんでもオーナー様がレンズの黄ばみを取るためにシンナーで拭いたとのことで表面はシンナーで溶けて魚の鱗のようになってました。ひたすらペーパー加工を行いなんとかレンズの地肌を綺麗に整えました。






サンプル画像レンズの地肌を整え、この後コンパウンドで磨きます。










サンプル画像コンパウンドで綺麗になりましたので、コーティングを掛けて終了です。今回の強敵は両方で約2時間かかりましたがなんとか綺麗になりました。もうシンナーで拭かないでね!

カタログの新着

製品案内

powered by SOY CMS2 with LeTheme